兵庫県農政環境部
農林水産局水産課

078-341-7711

home > 漁業権について

漁業権とは一定の水域において排他的に一定の漁業を営む権利であり、
・共同漁業権
・区画漁業権
・定置漁業権
 の3種類があります。

 1 共同漁業権

「漁業協同組合の組合員が一定の水域を共同利用して営む漁業」を「共同漁業」といい、兵庫県海面では、第1種〜第3種の3種類の共同漁業が営まれています。

第1種共同漁業

藻類、貝類、定着性の水産動物を目的とする漁業

第2種共同漁業

刺網などの網漁具を移動しないように設置して、水産動物をとる漁業

第3種共同漁業
(つきいそ漁業)

人工的につくった魚礁を設置して、集まった魚類を捕る漁業

これらの共同漁業を営む権利を共同漁業権といい、共同漁業権の設定区域では、一般のかたがこの権利を侵すと漁業権侵害として罰せられることがあるので注意が必要です。

【第1種共同漁業権の設定区域内で禁止されている行為】

第1種共同漁業権の設定されている区域内で、漁業権の対象となっている
 藻類:あまのり、わかめ、てんぐさ等
 貝類:あわび、さざえ、あさり等
 定着性水産動物:たこ、なまこ、いせえび等
 を権利を有する漁業協同組合に無断で採捕すること。
たこ釣りもこれに該当します。

漁業権ごとに漁業権の対象となっている水産動植物が異なります。ご注意ください

詳しくはをクリックしてください。

第1種共同漁業権の設定区域、詳しい内容はこちら

【第3種共同漁業権の設定区域内で禁止されている行為】

第3種(つきいそ)共同漁業権の設定されている区域内で釣りをすること。

詳しくはをクリックしてください。

第3種共同漁業権の設定区域、詳しい内容はこちら

【第2種共同漁業権の設定区域内で注意する事項】

第2種共同漁業権の設定されている区域内には、刺網や小型の定置網など固定式の漁具が敷設されており、船舶を用いて遊漁を行う場合、網を切るなどのトラブルや人命に関わる事故の原因となりますので、特に海面に旗や浮きがある付近は航行しないようにしましょう。

詳しくはをクリックしてください。

第2種共同漁業権の設定区域、詳しい内容はこちら

 2 区画漁業権

区画漁業(=養殖業)を営む権利のことを「区画漁業権」といい、兵庫県海面では、のり・わかめ養殖、カキなどの垂下式貝類養殖、たいやハマチなどの小割式魚類養殖が営まれています。

区画漁業権の設定されている区域内には、養殖が行われている漁期中多くの養殖施設が敷設されており、船舶を用いて遊漁を行う場合、養殖施設を破損するなどのトラブルや人命に関わる事故の原因となりますので、付近を航行する際は十分注意しましょう。

詳しくはをクリックしてください。

区画漁業権の設定区域、詳しい内容はこちら

 3 定置漁業権

大型の定置網を長期間、一定の場所に設置して行う漁業を営む権利を「定置漁業権」といいます。

定置漁業権の設定されている区域内は、区画漁業権の設定区域と同様に、大型の漁具が敷設されており、船舶を用いて遊漁を行う場合、漁具を破損するなどのトラブルや人命に関わる事故の原因となりますので、付近を航行する際は十分注意しましょう。

兵庫県では日本海側にのみ定置漁業権が設定されています。

詳しくはをクリックしてください。

定置漁業権の設定区域、詳しい内容はこちら

Copyright (C) 2014 兵庫県農政環境部農林水産局水産課 All Rights Reserved.