文字サイズを変更 文字を標準サイズにする 文字を大きくする

space
HOME space センター紹介 space 試験研究課題 space 研究成果 space 見学案内 space 交通案内 space トピックス space 関連リンク
space
研究成果

瀬戸内海重要水族環境調査(イカナゴの資源管理)
瀬戸内海では2隻の漁船で袋状の網を表層から中層にかけて曳く船曳網漁業が盛んに行われています。春にはイカナゴが漁獲され、釜上げやクギ煮など季節を告げる食品として食卓を飾ってくれます。
当センターではイカナゴの効率的で持続的な利用を図るため、調査船による海洋観測、産卵親魚密度調査、稚仔調査、試験操業および主要漁協の漁獲状況調査を行っています。
調査結果を基に、適切な解禁日の推定や、翌年度の資源のために残すべき親魚の量を算定し、漁業者団体に提供することによって解禁日や終了日の決定に役立てています。

イカナゴの解禁日を決めるための試験操業 イカナゴの水揚げ
イカナゴの解禁日を決めるための試験操業

解禁日に水揚げされたイカナゴ

space
イカナゴ産卵親魚密度調査
イカナゴ産卵親魚密度調査

line
兵庫県立農林水産技術総合センター 水産技術センター
〒674-0093 明石市二見町南二見22-2  TEL:078-941-8601 FAX:078-941-8604
Copyright