瀬戸内海を知る

水産すいさん技術ぎじゅつセンターで瀬戸内海せとないかいろう!

水産すいさん技術ぎじゅつセンター」ってどんなところか分かりますか?
兵庫県明石市にある「水産すいさん技術ぎじゅつセンター」は、兵庫県の南側に面した「瀬戸内海せとないかい」で採れる海産物のことや、海の中の環境について研究している施設です。
赤潮あかしお」や「貝毒」の発生を漁師の皆さんにお伝えしたり、魚や海藻などの海産物が減少している原因を調べて、改善するための取り組みをしています。
瀬戸内海で採れた海産物を安心して食べてもらう。毎年安定して海産物が食卓に並ぶ。
そのための研究を行っています。

施設見学の受け入れも行っています。
施設見学の内容やお問い合わせはこちら。

瀬戸内海せとないかい漁業ぎょぎょう

瀬戸内海せとないかいでは、小型底びきあみふなびきあみなどの沿岸えんがん漁業と、ノリやカキなどの養殖ようしょく業が行われています。

小型底びきあみ漁業

あみを海底につけて船でひき、海底付近にいるカレイ類やエビ、アナゴ、タコなどをとります。季節や地域ちいきによってとる魚の種類やあみの形を変えています。

ふなびきあみ漁業

海面近くを2せきの船を使ってあみでひき、イカナゴの稚魚ちぎょ(シンコ)やカタクチイワシの稚魚ちぎょ(シラス)をとります。

ノリ養殖ようしょく

瀬戸内海せとないかい沿岸えんがんの各地で行われ、ノリあみを水面にうかべて行う「うき流し式」で生産されています。

カキ養殖ようしょく

兵庫県瀬戸内海せとないかいの西部で行われています。ホタテガイの貝がらに付けたカキをイカダにつるして養殖ようしょくします。
(写真は養殖ようしょくカキの収穫しゅうかくのようす)

いま瀬戸内海せとないかいで起きていること

40年ほど前の瀬戸内海せとないかいは海の栄養分が多過ぎた富栄養状態のため、海はにごり、植物プランクトンが大量に繁殖はんしょくして赤潮あかしおが発生するなど、漁業にとってあまり良い環境かんきょうの海ではありませんでした。その後、海をきれいにする取り組みが続けられ、最近は透明度とうめいども高くなり、とてもきれいな海になっています。瀬戸内海は魚の種類が多く、漁獲量ぎょかくりょうも多い豊かな海ですが、最近は漁獲量ぎょかくりょう急激きゅうげきに減ってきています。また、アサリなどの二枚貝にまいがいが減ったり、ノリ養殖ようしょくでは栄養分が不足してノリの色が黒くならない「色落いろおち」がおきています。
海はきれいになったけれども、植物プランクトンの生育に必要な海の栄養分(とくにチッソ)が少なくなり過ぎているのではと心配されています。水産技術センターでは、「きれいな海」から、魚が育ちノリや二枚貝にまいがいがとれる「きれいで豊かな海」になるよう、研究を進めています。

正常な乾燥かんそうノリ(左)と色落ちした乾燥かんそうノリ(右)

二枚貝にまいがいを増やす取り組み

二枚貝にまいがい(アサリなど)はプランクトンを食べて海水をきれいにしたり、おしっこやフンをして、海水に栄養をもどす大切な役割やくわりをしています。昔はアサリがたくさんとれていましたが、最近はとても減っています。アサリが減った原因には、アサリが生活する干潟ひがたや浅場が減ってしまったことや、アサリを食べてしまうナルトビエイという外敵が増えてきたこと、アサリが食べるえさが減ったことなど、いくつかの原因が考えられています。水産技術センターでは、アサリが住みやすい干潟ひがたを作ったり、外敵から守るためにはどのようにしたら良いかなど、アサリを増やす研究をしています。

干潟ひがたは豊かな海を守るためにとても大切です。

資源しげん管理型かんりがた漁業ぎょぎょうとは

魚は漁獲ぎょかくして数が減っても、たまごを産んで元どおりに増えることができます。ただし、一度にたくさんとりすぎると、なかなか元の数にはもどりません。また、浅瀬あさせめ立てられて、産卵さんらん場所や稚魚ちぎょのすみかになる干潟ひがた海藻かいそうがたくさんある藻場もばが少なくなっています。
そこで魚を減らしてしまわないように漁業のルールを決めて、稚魚ちぎょを放流したり、産卵さんらん場を作ったりしています。

資源しげん管理型漁業の主な取り組み

  1. 産卵さんらん前の親魚や小さな魚はとらない
  2. 魚をとらない期間(禁漁期間)を決める
  3. とってよい魚の量を決める
  4. 使う漁具や漁法を決める
  5. 魚のエサ場や産卵さんらん場を作る
  6. 稚魚ちぎょを放流する
たまごを持ったガザミ(ワタリガニ)がとれたら海へ帰します。
木の枝を海底にしずめて、アオリイカの産卵さんらん場を作っています。

水産すいさん技術ぎじゅつセンターへ見学けんがくに行こう!

水産すいさん技術ぎじゅつセンターでは、小学5年生の校外学習や自治会、老人会などの見学者を年間5,000人以上受け入れています。
見学コースは、映像と展示、生き物をさわるふれあいプール、専門員のお話など、子どもから大人まで親しみやすい内容になっています。
(県民交流バスの対象施設になっています。併せてご利用ください。)

見学コース

1. お話とビデオ上映(研修室) 30分

教室でター坊と一緒に勉強しよう!

  • 水産技術センターの仕事について
  • 資源管理型漁業の話など
  • 兵庫県の魚と漁業について(ビデオ上映)

2. 館内見学 40分

館内を巡って海の生き物と身近になろう!

  • 海の生き物をさわろう(ふれあいプール)
  • 漁業やお魚に関するクイズ、展示物(エントランス)

3. 質問など 10分

お話を聞いたり見学をして浮かんだ疑問に回答するよ

センターの仕事や漁業を解説するよ
展示物を見ながらクイズやお話を聞こう
大人気のふれあいプール
海の生き物と友達になろう!
エントランスでホホジロザメのはく製がお出迎え

※小学5年生以上を対象にした見学内容です。
※見学は120人まででお願いします。
※人数が多い場合、館内見学は2班に分かれて行動します。
※見学コースはご希望に合わせて変更可能です。お気軽にご相談ください。

施設見学のご相談・お申込みはこちら

お電話でのお問い合わせ

078-941-8601
受付時間: 平日 9:30~16:30

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

※どなたでも見学可能ですが、原則として10名以上のグループでお越しください。
※必ず事前にお電話でご予約ください。( 078-941-8601 )
※土・日・祝日は休みです。時間は 9:30~16:30 まで。