ノリ養殖環境速報(大阪湾)

ノリ養殖環境速報(大阪湾) 最新号

2022-01-12ノリ養殖環境速報 KO-03-01号 (大阪湾)

水産技術センター、のり研究所では、1月から3月下旬までの間、大阪湾の水温や栄養塩などに関する情報を月2~3回提供することとしています。 ノリ養殖管理の参考にしてください。 今回は1月11日の調査結果についてお知らせします。 
水温は9.8~12.8℃で昨年同期よりやや高めです。 栄養塩は、窒素(DIN)が神戸市地先で4.2~4.5μg-at/L、淡路東浦地先で2.9~4.1μg-at/L、リンは神戸市地先で0.11~0.56μg-at/L、淡路東浦地先で0.40~0.50μg-at/Lで0.11~0.56μg-at/L、淡路東浦地先で0.40~0.50μg-at/Lとなっています。 コスキノディスクス、ユーカンピアは確認されませんでしたが神戸市地先、大阪府沿岸でスケレトネマが増加していますので、今後の情報に注意してください。


植物プランクトンや栄養塩の分布調査を行い発行しています。この調査は兵庫のり研究所(JF兵庫漁連)と共同で行っています。