文字サイズを変更 文字を標準サイズにする 文字を大きくする
水産技術センター
space
HOME space センター紹介 space 試験研究課題 space 研究成果 space 見学案内 space 交通案内 space トピックス space 関連リンク
space
試験研究課題

平成30年度 主な試験研究課題

 課題名 概  要 担当
瀬戸内海重要水族環境調査 本県瀬戸内海域における重要水族(イカナゴ、カタクチイワシ他)の資源生態と漁場環境を明らかにすることにより、漁業資源の効率的利用や沿岸漁業経営の安定化に資する。 水産環境部
漁海況情報収集調査事業
(瀬戸内海)
本県瀬戸内海側の漁場環境(水温、塩分、栄養塩類、プランクトン組成等)を定期的に調べ、現状や経年変化を把握することで、漁場保全や水産資源管理に役立てる。 水産環境部
資源管理指針・計画体制高度化推進事業(瀬戸内海) かれい類等の底魚類、マダコ、イカナゴ等、主な漁獲対象種の資源動向と漁業実態、生物情報の把握に必要な調査を実施し、資源の管理や適正利用等に必要な措置を講じるための知見を得る。 水産環境部
重要赤潮被害防止対策事業
(瀬戸内海)
近隣府県等の関係機関で連携した広域共同調査を実施し、栄養塩濃度、有害赤潮種の動態等を広域かつ経時的に把握し、瀬戸内海東部海域における有害赤潮種の出現特性等を明らかにする。また、得られた情報を迅速に漁業者等へ提供するとともに、データ解析によって赤潮発生シナリオを構築し、赤潮発生予察や漁業被害軽減に資する。 水産環境部
豊かな瀬戸内海再生調査事業 イカナゴを対象として、既存データの再整理と分析、餌料生物調査等により栄養塩との関連性の解明を進める。また、関連調査として環境情報や生物情報の統計調査、底質調査を実施し、瀬戸内海を豊かな海へ再生する一助とする。 水産環境部
播磨灘北西部沿岸域の二枚貝類養殖漁場の漁場形成機構に関する研究 二枚貝養殖漁業が盛んな播磨灘北西部海域の生産性が、陸域からの栄養塩供給及び餌料環境特性等によって支えられていることを明らかにし、瀬戸内海域における今後の栄養塩管理のあり方を考える材料とする。 水産増殖部水産環境部
県産極上アサリ養殖振興事業 高成長養殖用人工生産アサリの開発とブランド化のための「兵庫県産」養殖アサリの品質評価を行う。 水産増殖部
増養殖推進対策調査研究 県内のノリ養殖業及び魚病に関する調査、指導を行うとともに、カキ養殖等の新たな増養殖技術開発試験、突発的、緊急的に発生する諸課題の解決に向けた一時的な調査研究等を行う。 水産増殖部
ワカメの遺伝資源収集・特性把握および種苗生産の定着化 ワカメの遺伝的改良を視野に入れて、養殖ワカメや野生ワカメなど育種素材を収集し遺伝的特性を把握するとともに、ワカメ種苗の安定生産を目指して、温暖化に対応した種苗生産技術の現場への定着化試験を行う。 水産増殖部
サクラマス・サツキマスの生態等の解明 県内のサクラマス及びサツキマスについて、遡上時期及び分布、遺伝的特性等を明らかにし、再生産をするか、陸封型との交配はあるか、陸封型とは別に放流をする必要があるか等についての情報を得る。 内水面C


トップページへ
line
兵庫県立農林水産技術総合センター 水産技術センター
〒674-0093 明石市二見町南二見22-2  TEL:078-941-8601 FAX:078-941-8604
Copyright