文字サイズを変更 文字を標準サイズにする 文字を大きくする

space
HOME space センター紹介 space 試験研究課題 space 研究成果 space 見学案内 space 交通案内 space トピックス space 関連リンク
space


スルメイカ漁場一斉調査
調査年月日:平成24年7月2日〜7月5日
調査海域:兵庫県〜鳥取県沖海域
総航海距離:498海里(約922km)
調査定点:17点(海洋観測点)
使用漁具および用具:自動イカ釣機・水温塩分計
調査方法:@海洋観測…海底または水深500mまでの水温・塩分の観測
       A釣獲試験(採集試験)…自動イカ釣機を用いてスルメイカの採集
調査目的:日本海で漁獲されるスルメイカ(前年の秋季に発生した群)を対象に、その来遊量および分布状況を把握し、長期漁況予報の資料及びABC(=生物学的許容漁獲量)を算定するための基礎資料を得ることを目的とする(日本海区水産研究所を中核として、関係県で一斉に調査を実施しています)。
汐帆(シーアンカー)用意
汐帆は海底まで下ろすのではなく、紅白の部分がパラシュートの様に開き、風に対して船を平行に保たせることができます。
汐帆(シーアンカー)投入!
これから徐々に開いていき、船が安定します。
点灯!!
集魚灯を点灯しました。いよいよ釣獲試験開始です。
イカ釣機
釣られたイカが針から外れて、流し台を滑ってくる仕組みになっています。
船上測定
釣られたイカは船上ですぐに「大きさ」を測定します。
スルメイカ
100尾の測定を行い、50尾を冷凍保存して持帰り、精密測定を行います。

line
兵庫県立農林水産技術総合センター 但馬水産技術センター
〒669-6541 美方郡香美町香住区境1126-5  TEL:0796-36-0395 FAX:0796-36-3684
Copyright