文字サイズを変更 文字を標準サイズにする 文字を大きくする

space
HOME space センター紹介 space 試験研究課題 space 研究成果 space 見学案内 space 交通案内 space トピックス space 関連リンク
space


計量魚探調査
調査年月日:平成25年3月22・27日
調査目的:香住沖において、ホタルイカの来遊状況をモニタリングし、オキアミなどの出現状況を把握する。
調査海域:香住沖(水深200〜250m)
使用漁具:フレームトロールネット(ホタルイカ用ネット・餌生物用ネット)
調査内容:フレームトロールネットを使用し、海底付近の魚探(高周波)に強く映る反応を見ながら海底上5〜10m層を2.5〜3ノットで曳網する。
フレームトロール
目合いの異なる二つのネットを使用しています。
ネット
ホタルイカと餌料生物を採集できる2種類のネットを使用しました。
トロールウィンチ操作
フレームを魚探の映像を見ながら徐々に下ろします。魚探の確認と同時に、ワイヤーの張り具合等の状態にも気を配ります。
水深250mの入網物
写真は餌生物用ネットの入網物です。ほとんどがツノナシオキアミとウミノミです。持ち帰り、詳しく調べます。

line
兵庫県立農林水産技術総合センター 但馬水産技術センター
〒669-6541 美方郡香美町香住区境1126-5  TEL:0796-36-0395 FAX:0796-36-3684
Copyright